Return to site

第23回 雪舟国際美術協会展

The 23rd Sesshu International Art Society Exhibition

主 催 :一般社団法人 雪舟国際美術協会
後 援 : 岡山県総社市/岡山県井原市/島根県益田市/広島県三原市/山口県防府市/山口県山口市/中国・中国美術学院/中国・浙江画院/中国・曹州書画院/中国・浙江省文化芸術発展有限公司/中国・寧波市藝雲堂文化交流中心
協 力 益田市雪舟顕彰会
会 期 :2016年12月7日~18日(12月13日は休館日) ※全11日間開催
時 間 : 10:00~18:00 ※最終入場時間17:30
会 場 :東京六本木・国立新美術館(1階展示室1C・1D)

多彩な入選作品が集まった展覧会。
今展も大勢の方にご来場いただきました。

2016年12月「第23回雪舟国際美術協会展」を開催。今回も、水墨画や日本画、書作品まで183名の個性豊かな入選作品を展示。さらに今回は、東北芸術工科大学日本画科の学生6名も出展し、次世代を担う若者たちの作品を展観しました。日本の伝統芸術である、書画芸術を後身へ伝え、育成するという意味でも、有意義な展覧会となったのではないでしょうか。
国立新美術館で行なわれた本展覧会。同じ会場で開催されていたダリ展は、入場に90分待ちの行列ができるほど大盛況。ダリ展の隣の展示室であったこともあり、より多くの方々にご来場いただきました。中には、「自分にはダリより良いかも」「ダリ展の後ふらっと立ち寄ったが、いい作品を観ることができた」と言って下さる一般の方も。書画の魅力を広く知っていただける良い機会となったようです。

作品1点1点をしっかり鑑賞できるゆったりとした展示は、まさに当協会が掲げる〝個性を重視する自由な会風〟の文字通り、今回も十人十色の高いレベルの書画が集結。「作品に込められたイマジネーションや心情が多種多様に表現されていて、大変楽しかった」という嬉しいご意見もありました。6名の学生展示については、「学生の作品が展示されていることで、日本画、水墨画、書などに若い人も関心があることがわかった」「学生を応援している姿勢に好感が持てる」などといったお褒めの言葉をいただけました。

来場者の生の声が伝わるアンケート

雪舟国際美術協会展では、一般の来場者によるアンケートを実施いたしております。
今展も作品レベルの高さに驚く声や日本の書画芸術が受け継がれていくことへの声などが集まりました。

□ ぶらりと覗いたが、私も何か描きたくなるくらい楽しかった。(50代/女性)
□ 多種多様な作品が集まっていて、楽しかった。(20代/女性)

□ 数多く公募展を観てきたが、作品レベルが高いものが多い。(60代/男性)

□ どの作品も心がこもっていてよかった。(50代/男性)

□人それぞれの感性の違いに改めて驚きを感じた。(30代/男性)

□日本画・水墨画・書と、日本の伝統を守り継承していくことは大切なことだ。(80代/男性)

□展覧会には滅多に行かないが、夢中になり全ての作品を拝見しました。また来たい。(20代/男性)

全国の作家が集まる親睦会の様子

 12月7日、国立新美術館3階講堂にて、出展者や関係者による親睦会が開かれました。本協会の理事長・野口和男の挨拶に続き、美術評論家の長谷川栄氏、中野中氏が登壇。その後、本協会員の赤澤一響氏の発声で乾杯し、親睦会がスタートしました。普段なかなか会えない作家同士の親睦が深まりました。
 前回に引き続き、今回も壇上にて会員のインタビューを実施した親睦会。豊嶋正氏、林正子氏、墨創家・大久保岱影氏の3名に制作時の苦労などを伺いました。豊嶋氏は「綺麗だ……と、自分の心が素直に感動したものしか描かない」と制作のきっかけを、大久保氏は「描いたものの裏にある、立体感をいかに理解してもらえるか。作品を通して目には見えないものを伝えている」と作品のコンセプトについて回答。林氏は「表現したいものを、自由にかいている。それは、書であっても水墨であっても同じ」と語って下さいました。最後に、参加者全員で集合写真を撮り、和やかな雰囲気の中で会が終わりました。

第23回雪舟国際美術協会展の受賞作品

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly